絵手紙の小窓

kumaphoo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

春の野草

b0029182_15503431.jpg

b0029182_15501960.jpg

b0029182_15502715.jpg

b0029182_10443699.jpg

急速に田畑の宅地化が進み野草の住処も脅かされている 半面
空き家にはびこる雑草には手が出せない
帰化植物という子供のころ田舎では見たこともない雑草が生えている。
 オオバコ 母子草の類に出会うとホッとする。



by kuma-mitu | 2019-04-25 16:18 | 巻紙 和綴じ備忘録 | Comments(0)

惜春に三十年の幕を閉ず

b0029182_17213025.jpg

初夏はすぐそこ
上着を脱いで足取りも軽くウォーキング
往く平成と来る令和を喜んでいるような霞む青空続くこの頃です。

俳句は習ったこともなく心得もありません
何となく思ったことを詠んでみました。
プレパド大好き毎週見ていますが
決めごとがあったりなかなか難しいです。

五月待つ では いちはつと季重ねと気づき
即位に替えました。

by kuma-mitu | 2019-04-20 17:33 | 巻紙 和綴じ備忘録 | Comments(0)

イチハツと万葉仮名

b0029182_13333464.jpg

見事なイチハツをいただいた
一日花 今日描かないと萎んでしまう
大きい紙に平成の最後の月で描き残せた。

イチハツにあやかって 一発で目を覚まして
5月から新元号 気持ちを引き締め
仕切り直しだ。
by kuma-mitu | 2019-04-17 21:24 | 巻紙 和綴じ備忘録 | Comments(2)

ブラックホールと地球

b0029182_14043039.jpg

まさに天文学的数字
地球から光の速さで5500万年かかるという銀河
ということは今見る画像は5500万年前の銀河
ということはすでに変動しているかもわからない? 
なんて考えるのは私だけ?

宇宙から…
一日一日をちまちま重ねている者にとって
生活感のない壮大な話題にロマンを感じる。

宇宙の中の一粒の地球 美しい地球 
自滅をしないように自然を守り戦争はやめましょう。


by kuma-mitu | 2019-04-15 14:53 | 巻紙 和綴じ備忘録 | Comments(0)

平成最後の誕生月

b0029182_15191328.jpg

平成最後の月 4月
クラブで 今月誕生日を迎える人が私を含めて6人もいます。
絵手紙でお祝い 出す人も貰う人も大変なんです(笑)

幾つになっても「おめでとう!」と言って貰うと嬉しいものですが
返礼を嬉しいヒメイ?をあげながらも書き終えます。

今日はTさんへおめでとう!

by kuma-mitu | 2019-04-10 15:45 | | Comments(0)

山里ドライブ

b0029182_20260396.jpg
  
b0029182_20263585.jpg
  
b0029182_20265972.jpg

b0029182_21512257.jpg
  
b0029182_20272093.jpg

b0029182_21033774.jpg

b0029182_21191217.jpg

久しぶりでオットと春の県北へドライブ
傘寿を越えて いつまで運転できるかわからない
新見美術館の五大巨匠展が目的だが 足を延ばして
新見千屋温泉 いぶきの里で
ブランドの千屋牛膳と温泉を楽しもうと持ち上げた。

鳥取県境で中国山地のてっぺん 高梁川の源流地
川沿いの景色と芽吹きを待つ山並みに心が晴れる。

露天風呂の日陰や アマゴの釣り堀の日陰に残雪があった。
春から初夏へと新緑が美しくなる山里は故郷を思い出させる。

by kuma-mitu | 2019-04-06 21:57 | | Comments(0)

百花踊る

b0029182_10011987.jpg

百花繚乱の候
新元号を祝うかのように梅に代わって桜花咲き誇り
今年は格別の趣で華やいでいるように見えてくる。
花冷えが続いた後 一気に百花が咲き乱れる
”令和”を祝って🌸🌸🌸

by kuma-mitu | 2019-04-04 10:28 | | Comments(0)
b0029182_17362706.jpg

今日は 特別な日
今 国民は期待をもって新元号の発表を待っています。

そして私の誕生日

追記
昼前 新元号の発表がありました。
b0029182_13573742.jpg

b0029182_13574561.jpg

安倍総理談話
「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、
見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりの日本人があすへの希望とともに
それぞれの花を大きく咲かせることができる
そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定しました。」

「令」は今までに一度も出てこなかった字であり
日本の古典万葉集から初めての出典
初めて尽くしの新元号に国民は前途に期待しています。


by kuma-mitu | 2019-04-01 08:48 | カレンダー | Comments(0)

 今日一日を大切に 


by kuma-mitu