絵手紙の小窓

kumaphoo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

姫路市立美術館

今回の姫路行きの目的は 「姫路市立美術館 常設展 郷土の異色作家5人展」
月刊絵手紙でお馴染みの 中村忠二が関心事 パンフレットから画風を紹介すると
b0029182_20591799.jpg
中村忠二
「果汁の店」
小動物や昆虫など身近なものへの独特の観察眼でユーモアあふれた図桶異世界を描き続けた




上野長雄
「月夜の浜辺」
独特の木版画





菅 創吉
「風の碑」









b0029182_2131455.jpg

丸投三代吉

自由奔放な画風で人 小動物 魚 植物などを鮮やかな色彩で画面一杯に書き込み楽しい世界を創造した







森崎伯霊
「河鹿鳴く里」
ほのぼのとした 牧歌的風景



私的には 谷内六朗 の絵に似ていると思う
谷内の方が22歳若いから 影響を受けたかなと思ったりして・・・
by kuma-mitu | 2006-03-31 21:09 | その他 | Comments(4)

ウミタナゴ?

ナヌナヌ ウミタナゴだと?
私がもらったのは確かに口からエラ、腹 ハラビレは赤かったです
(他の人のは 赤みが少ないタナゴもあったような?)

そういえば たしかに淡水魚のタナゴを養殖していると聞いたことはないし 天然のタナゴが食用に「盛」で売られるほど大漁な分けはないだろうし・・・ 

でも ウミタナゴには マタナゴと アカタナゴがあるそうです
私達が描いたのは 「アカタナゴ」だったのかも・・・

どっちも 子孫を残す手段が変わっています
  タイリクバラタナゴは長い卵管から二枚貝に産卵し 貝がそだてる
  ウミタナゴは 卵胎生の魚で春から初夏にかけて仔魚を産む とある

今回のことで 「タナゴ」 は一生忘れないでしょう

今日の姫路城 一番咲きの櫻

b0029182_11352236.jpg
 青春切符で姫路に行ってきました
 つづきは あした
by kuma-mitu | 2006-03-29 23:39 | その他 | Comments(4)

タイリクバラタナゴ

絵手紙クラブ 今年度最後の日 締めくくりは タイリクバラタナゴ 
講師から 鮮魚売り場で一盛買ってきたと 一匹づつ氷と一緒に紙皿に入れて配られた
生の魚を描くのは初めてという人もあったり 始めによく観察をして、に まじまじと見る 目や口お腹辺りが赤みを帯びているが 鮮度が落ちたからではなさそうだ 

原産地は揚子江流域 戦時中食糧不足補給のため中国から輸入した魚に混じって入国し繁殖した外来魚

繁殖期になると雄には鮮やかな婚姻色が現れ 紅いバラ色になるのでバラタナゴの名の由来  淡水魚の中でも特に美しい魚だそうです

“ポッ 恋の季節に ポッ”  こんな言葉もよかったかなぁ
b0029182_21584719.jpg

10センチ足らずの小魚 から揚げがいいかな 蛋白源
by kuma-mitu | 2006-03-28 22:54 | | Comments(2)

安井正二先生

今日 月刊絵手紙4月号が 届きました
一月に小豆島で 安井正二先生の講演を聞いてから 毎月「そよかぜ」エッセーを載せておられることを改めて知り 遡って読み それから届いたら一番にここを読むようになりました

今月は“頭の上のアンテナ” 安井先生が田口孝夫先生からプレゼントされたすばらしい言葉
「何でもいいですから これが欲しい しりたいと思ったら頭の上にアンテナを立てなさい。立てると欲しいもの 知りたいものがアンテナに近寄ってきます。不思議ですがほんとです」
このことは小池邦夫先生が話された「求める強い思いが絵・文(書)に出てくる 決して技術ではない」の言葉に通じると

なるほど・・・ その境地に到達できていない未熟者だが アンテナはしっかり立てておこう
b0029182_21514833.jpg

講演中の先生をスケッチ
実物の足はもっと長くスマートでしたが 紙面が足りなくて省略しました 
先生 ごめんなさい

4月2日に 岡山コンベンションセンターで田口孝夫先生の講演会があり 入場券を購入しています どんなお話が聴けるかしら (o⌒∇⌒o)

by kuma-mitu | 2006-03-27 22:35 | スケッチ | Comments(6)

継続は力なり

ウソ~ と思われるかも知れないが 楽しく描いている時ばかりではありません
画材に事欠いた時 疲れたとき 忙しかった日とか
10時を回ってから さあ何を画材にしようかと家の中を見回す時もしばしば
気に入らない絵も仕方なく今日の一枚にアップ といろんな思いで毎日を更新しています

まあ 下へ下へ流れて見えなくなるんだから(戻せば見えるけど・・・) ま いいか と開き直れる いい加減な性分が幸いして 今日まで続いたのかな
b0029182_22371842.jpg

今日のBS2 「あなたもブログ通になれる!」 番組を見ました
ヘ~ 凄い人がいっぱい居られる ∑( ̄ロ ̄|||)オドロキ!?
自己表現: 鬱憤晴らし 冒険日記 料理に子育てにペットに趣味などなど なんでも・・・ ブログでダイエットに成功というのもあったな 危険な事例も教えてもらった
去年辺りから物凄い勢いで広がったブログ 世界のブロガーは3900万~4000万人に達しているという
2004年9月開始はブログ歴ちょっとだけ長いほうかな(内容はともかく 日本では)と自己満足している オロカナ私です ポリポリ f  ̄. ̄*)

by kuma-mitu | 2006-03-26 23:27 | | Comments(4)

泰然自若 旭川

今日の予定は無し 家に籠もっているには勿体ないような 風もないいい天気
旭川の土手へ散歩がてらスケッチに行ってみようと思い立ち 午後から絵手紙の友でもある二人を誘って出かけました
草の上にシートを敷き 座り込んでおしゃべりしながら・・・今日の一枚が描けました
最高のピクニック日和 今度はお弁当を持って来ようよ そして土手から岡南大橋を渡ってウォーキング ね

b0029182_2125735.jpg
b0029182_22452447.jpg

気になること
旭川の土手ですが 車両道路の内側に地道の遊歩道があり 四季折々野の草花が癒してくれ 土の感触が良くてウォーキングを楽しんでいました
ところがなんと 三月に入ってから急いで道幅を広げ舗装してしまったんです 
車両進入禁止道路なのに・・・(入口には П型の柵が設置してある)
誰の為に? 業者のため? 予算を使い切るため? 周辺の住民も嘆いています 誰も喜んでいません コールタールの悪臭がプンプン臭っていました

何処へぶっつけてよいやら せめてブログで発散させてください

“人世の愚事情に惑わされず たゆとう旭川”


b0029182_2125449.jpg
by kuma-mitu | 2006-03-25 21:57 | スケッチ風景 | Comments(8)

感謝

さして 思い煩うこともなく 健康で平凡な毎日が送れることに感謝
友達 家族 ご近所はもちろん 知らない人たちの支えもあって今日があります 感謝
b0029182_21324125.jpg
by kuma-mitu | 2006-03-24 21:44 | 置物 雑貨 | Comments(2)

呉港

軍港の風景を知らないから なんとも言えないが 穏やかな中にも クレーンや重機が林立し 沖には大型貨物船が停泊している景色はやはり重厚さ見える

60余年前 ここから出帆し 帰らぬ人となった大勢の若者があったことが信じられないほど 穏やかな海であった
b0029182_22544131.jpg

by kuma-mitu | 2006-03-23 23:10 | スケッチ風景 | Comments(2)

大和ミュージアムと孫

まづは 王ジャパンWBC初代世界一おめでとう!
ほんと 近年にない胸のすくような嬉しい出来事でした

連休日 孫に会いに行っていました
お正月以来の ご対面 おしゃべりも大分上手になり 興味がアンパンマンから乗り物にグレードアップ 専門分野は新幹線と飛行機 
舌がもつれながらも 名前を次々教えてくれる 子供の暗記力って凄いです

「男たちの大和」の映画を観て感動した夫の提案で 乗り物好きの孫にと  呉港に去年開設された「大和ミュージアム」へ
館外には戦艦陸奥の主舵とスクリューの実物
館内には10分のⅠの縮尺で造られた戦艦大和 実物大ゼロ式戦闘機 その他・・・
当時の日本の技術は凄いと思いますが 何しろ資源のないわが国
大和魂だけでは勝てません 無謀な戦争をしたものです

孫は ゼロ戦ヒコーキに目が輝き 
ゴム巻きスクリューの手作り船で遊ばせてもらった時の4コマ写真

b0029182_21433094.jpg
動いてる! ほしいなぁ








ボランティアのおじさんに触らせてもらう

b0029182_2147251.jpg
興味津々 (もらったものと勘違い?)








b0029182_21511628.jpg


サァ お船のネンネの時間だよ
イヤダ!








b0029182_2151447.jpg
ボクのだぁ! かえして!
by kuma-mitu | 2006-03-22 22:22 | その他 | Comments(4)

笑いは百薬の長

15日は三番目の孫の卒園式だった
パパは休みが取れず 爺(夫)がカメラマンを頼まれたが自信なさそうに出かけた
若いお父さん方が前を陣取り 撮り逃すまいとわが子一直線 じいちゃんは遠くの後ろからウロウロ やっぱり上手く撮れなかったそうだ

年子三児の母親である娘 続けて三度目は感動が薄れてくる なんて言っている
そうかもしれないな まあ三番目の宿命か ちょっと可哀そうな気もするが・・・
本人は全く気になんかしていない  式後マクドナルドをリクエスト お腹いっぱい食べて満足していたそうだ
b0029182_2122194.jpg
by kuma-mitu | 2006-03-18 21:35 | 置物 雑貨 | Comments(4)

 今日一日を大切に 


by kuma-mitu