絵手紙の小窓

kumaphoo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

一陽来復

b0029182_13433362.jpg

新暦に とみに西暦に馴染んできた近年ですが
子供のころの行事 雛祭りや端午の節句は 
一月後れの旧暦で祝ってもらっていた。

終戦は数えの8歳のとき 
お菓子などなかったから 裂きするめを混ぜた豆まきだった。
今のことはすぐ忘れるのに 昔のことは懐かしく思い出される。

ガラス越しの暖かい日差しを浴びながら思う 
ず~とこの幸せが継続しますように。


Commented by satou-hiroaki at 2018-02-04 14:55
はじめまして。
絵手紙は未経験の分野です。
素敵な絵ですね。
絵手紙の良さは色合いの美しさ
それと、添えられた言葉の面白さ
でしょうか。えらそうにすみません。
いつかやってみたいです。
Commented by kuma-mitu at 2018-02-07 13:15
satouさま
ようこそ拙いブログへお越しくださいまして
ありがとうございます。
絵のある手紙が絵手紙
ことばが大切といわれています。
さすがに的を得ていらっしゃいます。
是非絵手紙のお仲間に 大歓迎です。
by kuma-mitu | 2018-02-04 14:21 | 巻紙 和綴じ備忘録 | Comments(2)

 今日一日を大切に 


by kuma-mitu