絵手紙の小窓

kumaphoo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

賀状スタイル

準備は出来たが なかなかスタイルが決まらない
ようやく一つは出来たb0029182_2137363.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-28 21:48 | 置物 雑貨 | Comments(2)

家族に乾杯

鶴瓶さんの番組を見ていました
元気なお年寄りは お顔がいいですね
私も そんなおばあさんになりたい
b0029182_2203764.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-27 22:00 | 置物 雑貨 | Comments(3)

旬の野菜

 自家菜園の野菜が収穫できるようになると 店頭の野菜も安くなり 食卓も潤ってきました とりたて野菜はおいしいです
大根 ほうれん草などなど 収穫してきて 明日は孫に持って行ってやると 張り切っているお爺さんがいます
b0029182_21214118.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-26 21:23 | | Comments(3)

健康法

足の裏のツボを刺激することで 人間本来が持っている自然治癒力を高めることが出来るのだそうです
体中のツボがそこにあり 場所も決まっています
足の裏の血流の悪いところを この棒で刺激すると改善するのですが すごく痛いです

ヨガ教室で教わりました
b0029182_22294488.jpg
# by kuma-mitu | 2004-11-25 22:30 | 置物 雑貨 | Comments(2)

ラ・フランス

味も おしゃれかな
明日 食べようb0029182_2205160.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-24 22:01 | | Comments(0)

割引大好き

去年に味をしめて 今年もシーズン終わりの割引球根を買って植えました
咲き始めがちょっと遅いけれど 花は遜色ありませんでした
けっこう得した気分b0029182_22442496.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-23 22:47 | | Comments(0)

天の岩戸

神代の昔 高天原をおさめていた天照大神という神様が 素盞鳴命(スサノオノミコト)という乱暴者の弟神の所業に困り岩屋にかくれてしまわれたので天地が真っ暗になってしまいました
岩屋から出そうと神たちは天安河原に集まって相談し 天鈿女命(アメノウズメノミコト)を岩戸の前で面白く踊らせることになりました
賑やかな外を不思議に思われた天照大神が少し岩戸を開けられると 手力男の命(タグカラオノミコト)が岩戸を押し開け天照大神を外に出されました
こうして 天地に太陽が戻ったということです

後にスサノオノミコトは出雲に下り「大和のオロチ退治」の伝説がうまれ 備中神楽となりました
どの民族でも似たような神話や伝説があるようです

古事記 日本書紀に残された神話や伝説は 自分の民族を知る上でも子供達に是非聞かせてやりたい 知ってもらいたいと思いました
インターナショナルの時代だからこそ 日本のことを何でもよく知っておくと 世界に出たとき話題豊富で楽しいと思います

b0029182_20534466.jpg
天鈿女命

# by kuma-mitu | 2004-11-22 21:12 | 置物 雑貨 | Comments(2)

高千穂の夜神楽

岩戸開きの神話を舞の形にした岩戸神楽
毎年11月下旬から2月初旬にかけ 高千穂の各集落で民家にしめ飾りをして終夜舞い続けたそうです
強力で天野岩戸を開けた 手力男の命(たぐからおのみこと)
いや 顔つきからするとスサノオノミコトかな も耳元で聞こえる着メロに 驚いていることでしょう
b0029182_2051054.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-21 20:52 | 置物 雑貨 | Comments(0)

高い香り

一雨ごとに 寒さが増します
b0029182_21332273.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-20 21:34 | | Comments(3)

歴史探訪講座

今回は年に1回の 鞠智城、装飾古墳館、天岩戸・高千穂神社、高千穂峡。 赤水温泉1泊の旅行でした (熊本県~宮崎県)
戦前の教育を受けた方は八百万の神話を知っておられますが 戦後はそれを黒く塗りつぶされた教育でした
 真偽はともかく 系統だって教わったことは無く 細切れにチラッと聞いた(教わった?)知識しかなく 天孫降臨、神話・伝説の史跡を訪ね そのロマンに浸ることができました

山間に近代的な橋が架かり道路は整備されてはいますが 生憎の小雨が返って 靄に煙った山々や紅葉の渓谷に「神々の里 高千穂」を知るにふさわしい景色でした

この講座は 今はもう80歳に近い歴史に造詣の深い講師と共に 一手に引き受けてお世話くださるM氏の下に15年続いているそうです
毎月一回バスで歴史の地を訪ねる(日帰り)

講師手作りのパンフレットを頂き 車中で解説を聞きながら時にはビデオを見 勉強しながらその地へと赴き  いつもは現地でもマイクを片手に説明をしてくださいます 
私は後れて2年目で休むことも多いですが 観光旅行とは違った楽しい講座です
                             雨に煙る 高千穂神社
b0029182_22241116.jpg

# by kuma-mitu | 2004-11-19 22:29 | 歴史探訪.ご朱印 | Comments(0)

 今日一日を大切に 


by kuma-mitu